導気体験談|首のこり 頭痛(N様60代女性)【追記】凝っているところは押す?つまむ?さする?

体験談をいただきました。

「親の介護などで忙しい日が続き、首が回らず、毎日頭痛に悩まされていました。
かかりつけの病院でも不定愁訴として対症療法の痛み止めが処方されるのみで改善しませんでした。

先生の導気治療は強くもんだりすることはないのですが、
終わると不思議なくらい首がまわるようになり体が軽くなりました。

その後、ずっと悩まされていた頭痛も消え、楽になりました。本当に感謝しております。」

何よりです。


首や肩の気の滞りが、ひどくなってしまうと、
自分で首を押したり、回したり、ストレッチをしても、
頭痛や首・肩のこりは解消できません。

このような時は、導気治療がオススメです。

今回は、カラダ全体を調整し、
頭・首・顔を重点的に導気の治療をしました。

結果、気の巡りがよくなりますと、
血液やリンパの巡りが良くなり、
首肩のこりが解消されます。
すると、頭痛の解消につながります。

一度、しっかり気を通して、体が楽になると、
その後、ストレッチやちょっとした体操・ツボ療法をご自身ですることで、
楽な状態を維持することもできます。

今回は、N様の体質・症状に合わせたツボ療法をお伝えしました。
長く、楽な状況が続くとよいですね。
お大事に下さいませ。

和奏wakana

追記:
オススメのセルフケア:凝っているところは押す?つまむ?さする?

多くの方が、凝っているところを、押すことが多いのではないでしょうか?

押して、「効く~~」というのは、は気持ち良いですが、
自分で強く押すことは避けた方が良いです。
(軽~~~く押すのは問題ありません。)

基本的に、筋肉は強く押すと、固くなります。
また、強く押すことで炎症が起こります。

結果、血流も悪くなったり、炎症によって、押す前よりも凝りが悪化することがあります。
(揉み返しなどは、これらの一種です。)

ツボを押したり、マッサージで筋肉を押したり、様々な施術法がありますが、
実は、押すという治療はとても高度な治療法です。

話はそれますが、

和奏では、導気治療でツボを押すときは、気を入れながら押します。
精気の巡りがよくなるので、押しても余分な炎症は起きず、血流がよくなります。
そのため揉み返しなどは起こりません。

話をセルフケアに戻しまして、

「つまむ」「軽くさする」がオススメ!

自分で、凝っているところにアプローチするときは、
「つまむ・さする」などがオススメです。

安全ですし、リンパの流れが良くなると、血流も良くなり、
凝りの改善も期待できます。

注意点としては、肌が荒れているところなどを強くさすると、
肌荒れが悪化します。
肌荒れしているところは、さすることは避けて下さい。

基本、さするときは、軽くさすることが大事です。

軽くさするだけでも、十分にリンパの流れが良くなります。

どうしても、知らないうちに強い刺激になりがちですが、
自分で行うセルフケアは「軽く」がポイントになります。

お試しください。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

導気のその他の体験談は、下記を参照ください。

 

導気治療については、下記を参照ください。

 

投稿者プロフィール

和奏 (橋本 和也)
和奏 (橋本 和也)
漢方薬剤師・針灸師・あんまマッサージ指圧師

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
ソフィアフィトセラピーカレッジ外部講師

1978年 神奈川県生まれ(現在41歳)

自らの病気(喘息・アレルギー体質)を漢方医学で治した経験と、
豊富な臨床経験を元に、
西洋薬で対応できない病でお悩みの方をサポートするため、
2006年「和奏漢方堂」を開業。

『まずは、不快な症状をなくすことを第一に考え、
その上で、真の体質改善を目指す。』
をモットーに、多くの人の健康をサポートしている。

和奏漢方堂のHomeのページへ