漢方薬+導気 体験談|「不妊症」(30代後半女性) コラム:妊娠中に漢方薬を飲んでも良いか?

漢方薬+導気 体験談:「不妊症」の方からのお手紙

先日、2年前に不妊症の相談を受けていた患者様からお手紙をいただきました。

元気なお子様の写真と共に、
「漢方治療のお陰で、無事出産し、
おかげさまで、息子が1歳になりました。」との
報告が書いてありました。

不妊症のゴールの1つ目は、妊娠し元気に出産することですが、
次に大切なことは、産まれたお子様が元気に育つことです。

嬉しいことに、
今回のように、お子様が元気に育っていることを、
ご報告いただけることは、多くあります。
一つ一つが有難いことで、感謝しております。

 

コラム:妊娠中に漢方薬を飲んでも良いか?

漢方薬の良い所は、妊娠中に飲むと、
妊娠中のトラブルを少なくできることです。

ただし、漢方薬の中でも妊娠中に飲まない方が良い漢方薬もありますので、
全ての漢方薬が安全というわけではありません。

漢方薬は安全なイメージがありますが、
子宮の収縮を促進する可能性がある漢方薬などもありますので、
妊娠中は、ご自身で判断せずに、医師や薬剤師に確認してから、
飲むことが大切です。

妊娠中に飲むと危険とされる漢方薬を避けた上で、
自分の体質に合った漢方薬を飲むことは、
妊娠中毒症やその他様々なトラブルの確率を低くすることができます。


和奏は、妊娠中に飲んでも安全で、かつ精を補充し、

赤ちゃんが元気に育ちやすくなる漢方薬で、
妊婦様をサポートしています。

自然の恵みに感謝です。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日


その他の体験談は、下記を参照ください。

 

婦人科の症状でお悩みの方は、下記を参照ください。

 

漢方薬相談コースは、下記を参照ください。

 

投稿者プロフィール

和奏 (橋本 和也)
和奏 (橋本 和也)
漢方薬剤師・針灸師・あんまマッサージ指圧師

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
ソフィアフィトセラピーカレッジ外部講師

1978年 神奈川県生まれ(現在41歳)

自らの病気(喘息・アレルギー体質)を漢方医学で治した経験と、
豊富な臨床経験を元に、
西洋薬で対応できない病でお悩みの方をサポートするため、
2006年「和奏漢方堂」を開業。

『まずは、不快な症状をなくすことを第一に考え、
その上で、真の体質改善を目指す。』
をモットーに、多くの人の健康をサポートしている。

和奏漢方堂のHomeのページへ