ネオヒーラー導入の経緯(当サロンではネオヒーラーを使った経絡ツボ療法の施術を行っております。)

和奏漢方堂【自由が丘】では、ネオヒーラー(NEO HEALER)という特殊なマッサージ器具を使って、経絡やツボを刺激し、全身の精気の巡りを良くする【刺さない鍼治療】という施術を行っております。
本日はネオヒーラーについてとネオヒーラー導入の経緯についてお話しします。

▼ ネオヒーラーとは?その効果は?

ネオヒーラー

ネオヒーラーとは、インテンション株式会社が販売している、マッサージ器具です。ネオヒーラーの公式ホームページには、以下のようにネオヒーラーを説明しています。

特殊半導体回路を内蔵した、電源不要の全身対応マッサージ器です。人体とマッサージ器が接触することで、マイクロカレント(微弱電流)が発生し、からだの生体電流のバランスを整えます。 血行をよくし、痛み、炎症、痺れ、コリやむくみを和らげ、目の疲れ、顔のリフトアップ、脳の活性やリラックスに役立ちます。

マイクロカレントは、知覚神経では感じることのできない極めて微弱な電流で、人間のからだに流れている生体電流に似た性質をもっています。近年の研究では、このマイクロカレントが生体電流を活性化させ、細胞の修復を促すと考えられています。

ネオヒーラー公式ホームページ

▼ なぜ当サロンで導入したのか?

私はある患者さんからの紹介でネオヒーラーを知りました。初めは「どれほどの効果があるの?」と思っていましたが、実際使ってみると予想を超える効果があることが分かりました。

私は鍼灸師の立場から、元々鍼灸理論をベースに気の流れを調える施術を行っていました。私は気の流れを感じることができるので、ネオヒーラーをツボや経絡に使用することで気の流れが良くなることが分かりました。

この施術器具は私の施術と相性が良いと感じ、当サロンに導入することを決め、現在は経絡ツボ療法にネオヒーラーを掛け合わせた【刺さない鍼治療】を行っております。

▼ マイクロカレント(微弱電流)とネオヒーラー

マイクロカレント(微弱電流)が体に効果的なことは知っていました。スポーツ分野でも使われており、微弱電流の刺激を筋肉にを与えて、ケガや痛みの治療に効果を発揮しているようです。NHKの試してガッテンなどでも特集されていました。

ネオヒーラーはマイクロカレントを利用した器具です。しかし、マイクロカレントは微弱電流のため、触ってもビリビリなどの感覚は全くありません。
しかし、磁力系のマッサージ器具であることは、以下の実験(動画)より明らかです。方位磁石とネオヒーラーの間に手を置き、ネオヒーラーで手をさすると、方位磁石が動きます。

(▼音は出ません▼)

▼ ネオヒーラー×経絡ツボ療法

もともと鍼療法の一つに、ツボに鍼を刺し、鍼に電極をつなぎ、電気を流して気の流れを調えるという施術方法があります。

ネオヒーラーも電気の流れを調えるので、気の流れを調える経絡療法に利用できます。
電気を使った鍼治療に比べて、ネオヒーラーを使った経絡療法の利点は3点です。

①ツボを刺激する時に、鍼を肌に刺さなくてよい。(鍼を刺さされる痛みがない)

②広い範囲の気の流れを調えられる(ネオヒーラーの平面を使用)、ピンポイントでツボを刺激できる。(ネオヒーラーの凸面を使用)

③刺激量を加減しながら施術できる。(気の流れを感じつつ、刺激量を調整できる)

ネオヒーラーは筋肉の痛みや炎症、痺れやコリやむくみに対してだけでなく、内臓の疾患に対しても利用することができます。
ネオヒーラーを経絡やツボに利用することで、全身の気の巡りをよくすることで、自律神経のバランスを調えたり、内臓機能を高めることができます。

▼ ネオヒーラーの利用法

ネオヒーラーは気になる部位をさするだけで、誰でも簡単にセルフケアに利用できるマッサージ器具です。セルフケアで利用することも、とても効果的と思います。

一方、当院の【刺さない鍼治療】を受けていただくと、セルフケアとは一味違う、体の芯から疲れがとれるスッキリ感を体験できます。

興味がある方は、【刺さない鍼治療コースのQ&A】もご覧ください。

刺さない鍼治療のQ&A

刺さない鍼治療とは何ですか?
通常の鍼やお灸による施術はないのですか?
刺さない鍼治療がオススメの方は?
適さない病気は何ですか?

Read more