【和奏のオススメのまとめ】(CD・本・映画・言葉) 最新:『ALL FOR LOVE』!映画「三銃士 」の主題歌!

和奏のオススメをまとめました。

オススメのCD『ALL FOR LOVE』!映画「三銃士 」の主題歌!

 

映画『三銃士』の主題歌として作られたCD
『ALL FOR LOVE』
この曲の凄いところは、ビッグアーティストの
ロッドスチュワート・ブライアンアダムス・スティング3人の
豪華共演という所です。

曲自体がもの凄く良く、
かつ、3人のハーモニーが、なんとも言えず耳に心地よい曲です。

三銃士の有名なセリフに
「All for One, One for All」
~1人はみんなの為に、みんなは1人の為に~
という言葉があります。
『ALL FOR LOVE』はこの言葉にかかっています。

こんなに素敵な主題歌ではありますが、
なんと映画『三銃士』の中では流れません。

主題歌にもかかわらず・・・

流せば、より映画が盛り上がりそうな場面がありますが・・・

流れません。

5回見ても・・・

流れません。

いつ流れるのだと、待ちながら映画を見ると、
残念な結果に終わります。
(DVDでは映画が終わった後に流れます。)

なにはともあれ、名曲です。
機会がありましたら、皆様も聞いてみて下さい。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメの映画、「孤高のメス」!

オススメの映画の紹介です!
日曜日に、テレビで放映された「孤高のメス」です。

全脳死の患者様からの生体肝移植の話です。
主演は堤真一さん。
夏川結衣さんの語りがたんたんとして、
映画全体を一つの詩のようにしています。

この映画の中で、和奏が好きな言葉は、
「助けたい人が居て、助かりたい人が居て、
それを繋ぐ技術を持っている自分がいる。
この状況で助ける努力をしないのであれば、
僕はこの時点でメスを置きます。」
という熱い言葉です。

これは和奏が意訳した言葉であるので、
実際の映画の言葉と全く同じではありません。

同じではないの?と思われた方へ、
実際の映画の言葉は、映画を見てご確認下さい(笑)
それにしても、堤真一さんと夏川結衣さんは素敵な俳優です。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメの本「生き方のヒント」!

池田明子先生から、素敵な本をご紹介いただきました。

『心が軽くなる 生き方のヒント』
板橋興宗 聞き手池田明子 致知出版社
です。

曹洞宗の高僧である板橋禅師と池田先生の対談形式の本です。

いろいろな気づきを得られる素敵な本です。
特に、今ここに生きる事の有り難さを感じること、
また、頭でなく身体で感じることの大切さが、
心に伝わる本です。

この本を読み、未曾有の災害で、不安がつきない今だからこそ、
今という一瞬を、前に向かって行動せねばと感じます。

また、煩悩のお話で、煩悩を否定せず、
『煩悩はエネルギー、それを上手にコントロールすることが大切』
と説く禅師の言葉が印象的でした。

皆様も機会がありましたら、是非お読み下さい。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメのLive J&Oさんのライブ!

昨日、K様にご招待頂き、六本木スイートベイジルでJ&Oさん、
(ゲストにThe Coconut Cupsさん)のライブを見てきました。
K様ありがとうございます!!

J&Oさんのご夫婦の奏でる歌声は、
迫力があるとともに美しく、心を洗われたようでした。
生の素敵な歌声は耳でなく、身体に響く感じがします。

綺麗な音楽を聴くことは、ひとつの治療です。
良い波は、心と体に響き、自然治癒力を高めてくれます。
そういう意味で音楽家の方たちは多くの方を一度に治療できる人々です。
尊敬します。

和奏も歌を歌いながら、治療しようかと考えましたが、
患者さんに迷惑をかけて、治療効果が半減してしまいそうなので、
音楽治療は勇気を持って、とうぶん我慢しようと思います(笑)

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

言霊(言葉)の大切さ!ひとつの言葉!

皆様、こんばんは。

本日は素敵な詞をご紹介します。
(致知出版社抜粋)

ひとつの言葉でけんかして
ひとつの言葉でなかなおり
ひとつの言葉で頭が下がり
ひとつの言葉で心が痛む
ひとつの言葉で楽しく笑い
ひとつの言葉で泣かされる
ひとつの言葉はそれぞれに
ひとつの心をもっている

きれいな言葉はきれいな心
優しい言葉は優しい心

ひとつの言葉を大切に
ひとつの言葉を美しく

言霊というように、言葉には力があります。
一つひとつの言葉を大切にしようと、
改めて感じさせてくれた詞です。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

チーム医療の大切さ!

皆様こんばんは。

一昨日、グリーンフラスコさん主催の、
橘谷エルナン先生(鍼灸師)のセミナーに出席しました。

橘谷エルナン先生は、ペルーより日本に留学し、
鍼灸師の免許を取得後、
国立がんセンターの緩和ケアの鍼灸部門で、
治療と研究をされていた方です。

このセミナーを受けて、
国立がんセンターの緩和ケアに、鍼灸部門があることにまず驚きました。
そして西洋の治療ではカバーできない、
がん性疼痛や抗がん剤の副作用による痛み・末梢神経障害に鍼灸の治療をし、
好成績を残されていることを知り、嬉しく思いました。

様々な療法の治療家がチームを作りサポートすることは、
患者様にとってとても心強いことと思います。
これからもっとこのようなチーム医療が推進されることを願うばかりです。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメの言葉、「平安の祈り」について

皆様、こんばんは。

本日は、昔読んだ治療に関する本の中に書かれていた、
「平安の祈り」を紹介します。

『神よお与え下さい
変えられないものを受け入れる心の静けさを、
変えられるものを変えていく勇気を、
そして、この2つを見分ける賢さを』
~アルコール依存症自主治療協会のメンバーより~

時に人は、変えられないものを追い続けたり、後悔したりする。
逆に、何かしらの理由をつけては、
変えられることから逃げ続ける場合がある。

本当に出来ないのか?
本当はやらないのか?

2つをよく考えた上で、
「本当に出来ない」ことがあるならば、静かに受け入れるよう努める。
そして、もしも「本当はやらない」だけなら、
勇気を持ってやるための一歩を踏み出すことが大切。

もしくは、「できない」のではなく「やらない」ことを選択するのであれば、
どうどうと「やらない」。そんな心構えも大切である。
そんなことを当時考えました。

まとまりのない文章となりましたが、本日は寒いですね。
皆様身体を温かくして、オヤスミ下さい。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメの本、「黄金の羽根」について!

皆様、こんにちは。

本日はオススメの本の紹介です。

和奏の薬剤師の先輩である澤口さんは、
薬剤師であるとともに、実は英語の翻訳者でもあります。

自分で感銘を受けた英語本を翻訳して、
本として出版もされています。
「黄金の羽根」監訳はあの有名な渡部昇一先生です

この本は、『○○しなさい!』と言うような、強いメッセージの本ではありませんので、気軽に読めます。

その上で、人生の見つめ方をそっと良い方向に変えてくれる。
人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる。
そんな本だと和奏は思います。

機会ありましたら、皆様も読んでみて下さい。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメ映画、「パッチアダムス」!

『パッチアダムス』という、
和奏が大好きな映画があります。(今まで3回見ました)

この映画は実在するパッチアダムスという、
アメリカの医師をモデルにした映画です。

彼の人生を完全に再現した映画ではないのですが、
彼の心意気は伝わってくる素敵な物語です。
まだご覧になっていない方は、是非一度ご覧下さい。
お勧めの映画です。

その中で、一番和奏が心に残っている言葉が以下の言葉です。

パッチ「医師は患者と距離を置けという。
でも、人間同士が接触すれば、必ず影響を与え合う。
死を遠ざけるのでなく、生を高めるのが医者の勤め。
病気が相手なら、負けることがある。
人間が相手なら、結果がどうあれ、医者が勝つのです」

この言葉は医師だけに当てはまるのではなく、
医療関係者すべての人に当てはまる言葉だと思います。

「病を診るのでなく、人を診る」
和奏もこの言葉を心に刻み、治療をしています。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

 

オススメのハーブショップ!グリーンフラスコ!

タイトルで、お勧めショップと書きましたが、
お勧めというより和奏がよくお世話になっている、
ハーブ・アロマショップの『グリーンフラスコ』さんです。
(治療院で使用する精油の殆どはグリーンフラスコさんの製品です。)

オリジナルの精油やハーブの販売だけでなく、
アロマセラピー界の大家の林真一郎先生のこだわりのセレクト商品がいっぱい置いてある、
ワクワクするようなショップです。

場所は和奏漢方堂の右隣隣のビルの1Fです。

自由が丘に遊びに来られたときには、
是非立ち寄ってみてください。

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日

投稿者プロフィール

和奏 (橋本 和也)
和奏 (橋本 和也)
漢方薬剤師・針灸師・あんまマッサージ指圧師

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
ソフィアフィトセラピーカレッジ外部講師

1978年 神奈川県生まれ(現在40歳)

自らの病気を漢方医学で治した経験と、豊富な臨床経験を元に、
西洋薬で対応できない病でお悩みの方をサポートするため、
2006年「和奏漢方堂」を開業。

『まずは、不快な症状をなくすことを第一に考え、
その上で、真の体質改善を目指す。』
をモットーに、多くの人の健康をサポートしている。

和奏漢方堂のHomeのページへ