くるぶし靴下【クーラーの冷え対策・冬の冷え対策・睡眠の質を上げたい方へ】

▼動画でご覧になりたい方はこちらから▼

▼文章でご覧になりたい方はこちらから▼

今回ご紹介するセルフケアは、くるぶし靴下です。

くるぶし靴下とは、指先は出ていて、くるぶし周りを温めることができる靴下です。
私は、帰ってお風呂に入り、お風呂から出ると、
夏でも冬でも毎日くるぶし靴下を履きます。
そして、寝るときもくるぶし靴下を履いたまま寝ます。
そんなくるぶし靴下について、お話しします。

くるぶし靴下を履くことで、
夏のクーラーや冬の寒さによる冷えの対策にもなり、
また、睡眠時に履くことで睡眠の質が高まり、
なんとなくのだるさの解消にも役立ちます。

では、なぜ、くるぶし靴下が体によいのか?
それは、くるぶしを温めることで、体全体の血液の巡りが良くなるからです。

東洋医学的にみますと、くるぶしには重要なツボが多く集まっています。
全身の気を巡らせるツボ、
水の代謝を上げるツボ、
女性ホルモンのバランスを整えるツボなどです。

ですので、くるぶしが冷えるとこれらのツボが活性化せず、
体全体の不調につながります。

逆にいえば、くるぶしを温めることで、
ツボが活性化し体全体の好調につながります。

くるぶしを温めるときに、普通の靴下でもよいのでは?
と思われた方もいると思いますが、
指先が出ている、くるぶし靴下の方がオススメです。

指先は体温調節に重要な役割をはたしています。
たとえば、寝るときなどは深部体温を低くするため、
指先から熱を放散させて体温調節をしています。

指先が覆われていると、その機能を妨げてしまいます。
そのため普通の靴下を履いて寝ると、
睡眠の質を下げることになるので、おすすめできません。

そのような時に、大事なくるぶしは守り、
指先が出ているくるぶし靴下がオススメなのです。

また、指先がでていて、開放感があるので、
家で靴下を履くのが苦手な方も、心地よく実践できます。

以前に子供用のくるぶし靴下を作り、
1歳の子供が寝た後に履かせましたが、
嫌がらず気持ちよさそうに、朝まで履いて寝ていました。

お子様が嫌がらなければお子様にもにもオススメデス。

作り方は簡単です。この頃あまり履いていない靴下の指先を切るだけです。
そして、家にいる間や、寝るときに履いてください。

まずは、自分で作ったくるぶし靴下を履いて、
自分に合っているかを試してください。
合っていないと思った場合はすぐに止めてください。

自分に合っていると感じて、続けようと思った場合は、
自作のものでも良いのですが、切った場所がほつれてくるので、
切った部分を縫製するか、既製品を購入するのがオススメです。

既製品を買う時は、 「くるぶし靴下」では検索にヒットしないので、
「かかと靴下」や「トウレス靴下」などで検索してください。

選ぶときのポイントは、
あまりピタっとしたくるぶし靴下を選ばないことです。
リラックスすることが大事なので、
すこしゆったりしたものをお選びください。

また、「レッグウォーマーをくるぶし靴下として利用して良いですか?」
と質問を受けますが、レッグウオーマーはかかとがないので、
歩いているとずれてきてしまいますので、オススメしません。

また、職場の冷房が強く足元が冷えるなどのお悩みの方は、
職場に一つ置いておくと安心です。

今回ご紹介したくるぶし靴下は、
いままで多くの方にオススメしてきて、
一番高評価を頂いているセルフケアです。

「なんだか、体の調子がよくなった。」
「冷えづらくなった」
「寝るときに安心感がある」
「朝のだるさが少し減った」など、
簡単ですが、とても効果の高いセルフケアです。

試し方も普通の靴下のつま先を切るだけと、簡単ですので、
まずは一度お試し下さい。