ヒトのカラダと植物。大先輩である植物(漢方薬)で自然治癒力を調整する! 植物性神経とは何か?

植物の性質とは?

植物の特徴は、備わって動かないことです。
その場でじっと大自然の流れを感じ、
大自然の精気を利用し、
(太陽と土の養分、水を糧に、消化・吸収・代謝・生殖を行い、)
次世代に命をつなげます。

意識をせずに、自動で自然の変化に対応します。

動物性神経と植物性神経とは?

ヒトは動物です。動くことで、栄養を捕獲します。
そのために、動くための筋肉が発達し、
筋肉を動かすために、動物性神経(運動神経)が発達しています。

ただし、ヒトにも植物性神経があるのです。

植物性神経は自律神経のことで、
我々が意識せずとも、内臓を動かしてくれます。

心臓は何も考えずとも鼓動をうってくれますし、
消化器は、食物を食べれば、意識せずとも消化・吸収・代謝を行ってくれます。

ヒトも大自然のリズムを植物性神経(自律神経)で感じ、
さまざまな変化に植物性神経(自律神経)で対応しているのです。

自然治癒力を正しい方向へ導く、植物達(漢方薬)

多くのストレスや、日常生活の乱れの影響が強くなると、

大自然のリズムとカラダのリズムが乖離し、
植物性神経(自律神経)が乱れ、自然治癒力が低下します。

または自然治癒力が正しい方向に働かなくなり、
病気といわれる状況になります。

この時に、活躍してくれるのが、ヒトの大先輩である植物(漢方薬)です。
植物はそれぞれの個性をもちながら、大自然のリズムを内包しています。

この大自然のリズムをカラダに取り入れることで、
植物性神経(自律神経)のバランスを取り戻し、
自然治癒力を正しい方向に導き、自然治癒力を最大限に高められます。
結果、不快な症状をなくし、カラダの芯からの体質改善を目指せるのです。

大自然の恵み(漢方薬)に感謝!

ヒトは動物ですが、大先輩である植物の性質を内臓していることを自覚し、
大自然のリズムとの調和を考え、
植物の恵みを利用させてもらうことが、大切だと思います。

和奏は患者様に漢方薬をお渡しする前に、
漢方薬に、こう声掛けしています。
「いつも、ありがとうございます!
どうか、〇〇様の自然治癒力を正しい方向へ導いてください」
と、(心の中で)

和奏wakana


自由が丘駅徒歩3分の和奏漢方堂 休院日:日曜日


ヒトのカラダや、植物性神経などについて、
詳しく知りたい方は、下記の本がオススメです。

 

漢方薬相談コースは、下記を参照ください。

 

投稿者プロフィール

和奏 (橋本 和也)
和奏 (橋本 和也)
漢方薬剤師・針灸師・あんまマッサージ指圧師

日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
ソフィアフィトセラピーカレッジ外部講師

1978年 神奈川県生まれ(現在40歳)

自らの病気を漢方医学で治した経験と、豊富な臨床経験を元に、
西洋薬で対応できない病でお悩みの方をサポートするため、
2006年「和奏漢方堂」を開業。

『まずは、不快な症状をなくすことを第一に考え、
その上で、真の体質改善を目指す。』
をモットーに、多くの人の健康をサポートしている。

和奏漢方堂のHomeのページへ