漢方薬はなぜ効くのか?漢方薬(植物)の性質とは?漢方薬で自然治癒力を調整する!

植物の性質とは?

植物の特徴は、備わって動かないことです。
その場でじっと大自然の流れを感じ、
大自然の精気を利用し、
(太陽と土の養分、水を糧に、消化・吸収・代謝・生殖を行い、)
次世代に命をつなげます。

意識をせずに、自動で自然の変化に対応します。

動物性神経と植物性神経とは?

ヒトは動物です。動くことで、栄養を捕獲します。
そのために、動くための筋肉が発達し、
筋肉を動かすために、動物性神経(運動神経)が発達しています。

ただし、ヒトにも植物性神経があるのです。

ヒトにとっての植物性神経は自律神経のことです。

自律神経とは、我々が意識せずとも、内臓を動かしてくれる神経です。

自律神経によって指令を受けて、
心臓は何も考えずとも鼓動をうってくれますし、
消化器は、食物を食べれば、意識せずとも消化・吸収・代謝を行ってくれます。

ヒトも大自然のリズムを植物性神経(自律神経)で感じ、
さまざまな変化に植物性神経(自律神経)で対応しているのです。

自然治癒力を正しい方向へ導く、漢方薬(植物)

多くのストレスや、日常生活の乱れの影響が強くなると、

大自然のリズムとカラダのリズムが乖離し、
植物性神経(自律神経)が乱れ、自然治癒力が低下します。

または自然治癒力が正しく働かなくなり、
病気といわれる状況になります。

この時に、活躍してくれるのが、ヒトの大先輩である植物(漢方薬)です。

植物はそれぞれの個性をもちながら、大自然のリズムを内包しています。

そして、漢方薬は植物の中でも、特に個性的な(人の体に有効に作用する)リズムを持っています。

  • 漢方薬を服用することで、大自然のリズムをカラダに取り入れることができ
  • 植物性神経(自律神経)のバランスを取り戻し
  • 自然治癒力が正しい方向に働き、自然治癒力を最大限に高められます。

結果、不快な症状をなくし、カラダの芯からの体質改善を目指せるのです。

大自然の恵み(漢方薬)に感謝!

ヒトは動物ですが、先輩である植物の性質を内臓していることを自覚し、
大自然のリズムとの調和を考え、
植物の恵み(漢方薬)を利用することが、大切だと思っております。